ページの一部に広告を掲載していまっする

【並ゲー】カウンターサイドで遊んだ感想【面白いところ・つまらないところ】

シャチホコペッGAMES更新通知(byメルマガ発行サービスまぐまぐ)を2日に1回ペースで発行しています。登録してね。

ブログ全体の最新コメント(タップで移動)

このページのひとこと

いらっしゃいませ!

みんなにおすすめしたい最高に面白いゲームアプリ一覧を作るために新作ゲームリリース・周年イベント・コラボ開催などのタイミングでいろんなスマホゲームで遊んでいます。今回は『カウンターサイド』で遊んだ感想【面白いところ・つまらないところ】をご紹介します。

判定は神ゲー・良ゲー・並ゲー・凡ゲー・クソゲーの5段階。思ったことを素直に書いていきますしできるだけいろんなゲームで遊びたいのでつまらないと思った時点で遊ぶのをやめます。

■カリツの伝説
┗5/1~5/28ポプテピピックコラボ⇒無料DL

■超次元彼女
┗5/1~5/31プリズマイリヤコラボ⇒無料DL

■エムホールデム
┗4/29~6/2にじさんじコラボ⇒無料DL

■ザ・アンツ
┗5/24~蜘蛛ですがなにかコラボ⇒無料DL

■いま俺が遊んでるゲーム(記事)
1.スノウブレイク⇒中国で超バズり中TPS
2.学園アイドルマスター⇒最高級キャラ品質育成SLG
3.少女ウォーズ⇒無課金おさわり日本一
鳴潮ってどんなゲームか勉強中

カウンターサイドで遊んだ感想

運営しているのはstudiobsideという会社。

アプリ容量は6.3GBでした。(2024年2月8日時点)

サーバーが韓国とグローバルの2つだけだったので戸惑ったんだけどグローバルで始めればちゃんと日本語字幕&日本語ボイスだった。

企業攻略wikiは全滅していたけどYouTubeを探したら日常的に動画をあげている韓国の「블릿」って人を見つけた。アップデートが先行している韓国版情報なので未実装キャラがいたけどかなり参考になった。字幕ONにすればちゃんとした日本語字幕が表示されるのもありがたかった。

カウンターサイドはアニメ調キャラが戦うラインストラテジーゲームだった。時間経過で貯まるコストを消費してキャラを場に出していって敵を全滅させたら勝ちになるやつ。

個人的にリアル頭身キャラゲーが好きなので好感触。フルボイスなのは序盤だけだったけど俺はボイスなしでも全然気にならないから問題なし。それよりも日本語翻訳のクオリティがかなりしっかりしていたのが嬉しい。掛け合いも面白く見れた。

プレイヤーネームが重複OKなのも良いなー。リセマラするときに重複不可だとめんどくさいんだよね。

周年タイミングでもガチャ石配布量はいつもと同じだったけど代わりに各種SSR確定チケットが配られていた。YouTube動画を参考に機密採用ガチャ11回でリセマラしてみる。

ピックアップ確率1%と平均的でアカウント削除リセマラができたのは良かったけどまあまあ長めのチュートリアルがスキップできないのがめんどくさかった。

ゲームを進めると色々なところに親切な仕組みがあった。

例えばレベルアップした時のスタミナ(エタニウム)はすべてプレゼントボックスに届く。ゲームを始めたばかりだとどんどんプレイヤーレベルが上がってスタミナあふれまくってもったいねーってなるから良いよね。でも保管期間が1週間だからちょっと急がねば。

ストーリーは図鑑から見なおし可能だった。できるだけ早くコンテンツ解放&スタミナ消化をしたいからうれしい。オート機能もエピソード2に入ったら解放されたんだけどこれはもうちょっと早い方が良かったかな。

スキル演出もかっこいい。

なお新しめのキャラには日本語ボイスが未実装だった。普通に面白いゲームだからもっと日本のプレイヤーが増えて実装される日がくるといいなー。

もちろん微妙なところもいくつかあった。

クエストミッションの中に必ず入っている『1分以内でクリア』がイライラする。制限時間以内にクリアできれば良くないか?

あとはガイドミッションが有効になる前にすでに対象クエストをクリア済みだった場合もう一回やらなきゃ達成されないところがめんどくさい。これはマジで改善したほうが良い。というかガイドミッションのボタンが目立たなすぎなのよ。

このボタンのすぐ右に『ミッション』ていうボタンもあるからややこしいんだよね。クレジット・経験値本を集めるクエストが3種類ずつくらいあるのも意味が分からない。色々なボタンやクエストを統合して遊びやすく変えていったほうが良いと思う。

4章クリア時点でガチャ石7300個ほどと少ない。やっぱりリセマラ後にも最新キャラを取っていけそうっていう希望が持てる配布がないと厳しい。

シャチホコペッGAMESの情報を動画や記事に使うときは以下のルールを守ってください。

動画の場合:動画の序盤でシャチホコペッGAMESを参考サイトとして紹介してください。

記事の場合:記事の序盤に『参考サイト:https://hokope.com/』と記載してください。