ページの一部に広告を掲載していまっする

【並ゲー】HIT : The Worldで遊んだ感想【面白いところ・つまらないところ】【ヒットザワールド】

シャチホコペッGAMES更新通知(byメルマガ発行サービスまぐまぐ)を2日に1回ペースで発行しています。登録してね。

ブログ全体の最新コメント(タップで移動)

このページのひとこと

いらっしゃいませ!

みんなにおすすめしたい最高に面白いゲームアプリ一覧を作るために新作ゲームリリース・周年イベント・コラボ開催などのタイミングでいろんなスマホゲームで遊んでいます。今回は『HIT : The World』で遊んだ感想【面白いところ・つまらないところ】をご紹介します。

判定は神ゲー・良ゲー・並ゲー・凡ゲー・クソゲーの5段階。思ったことを素直に書いていきますしできるだけいろんなゲームで遊びたいのでつまらないと思った時点で遊ぶのをやめます。

■カリツの伝説
┗5/1~5/28ポプテピピックコラボ⇒無料DL

■超次元彼女
┗5/1~5/31プリズマイリヤコラボ⇒無料DL

■エムホールデム
┗4/29~6/2にじさんじコラボ⇒無料DL

■ザ・アンツ
┗5/24~蜘蛛ですがなにかコラボ⇒無料DL

■いま俺が遊んでるゲーム(記事)
1.スノウブレイク⇒中国で超バズり中TPS
2.学園アイドルマスター⇒最高級キャラ品質育成SLG
3.少女ウォーズ⇒無課金おさわり日本一
鳴潮ってどんなゲームか勉強中

HIT : The Worldで遊んだ感想

© NEXON Korea Corp. & NEXON Games Co., Ltd. All Rights Reserved.

アプリ容量は7.8GBでした。(2024年4月17日時点)

リアル頭身のキャラで冒険するMMORPGだった。

MMORPGなのにキャラメイクがないことに驚いた。手抜きかと思いつつゲームを進めていくと下の画像のようにクラス変更を押すだけでガチャで獲得したクラスにいつでも変更できるようになっていた。

いままで遊んだことがあるMMORPGは派生クラスには簡単になれるけど性別変更や別クラスへのチェンジが大変だったので、見た目と攻撃方法を簡単に大きく変えられるこの方式は好みだし面白いと思った。たしかに他プレイヤーの顔面をまじまじと見ることはほとんどないし衣装が変わったほうがわかりやすいし目立つ。

大きく6つにわかれたクラス間ではメイン武器・スキルの流用ができない。だけど武器は装備製作・街の装備屋で購入、スキルは街のスキル本屋で購入できるので序盤なら高レアクラスへの乗りかえもわりと楽にできた。数時間遊べばストーリーで青レア武器選択箱が2つもらえるし2クラス準備しておくのも楽しそう。

視点は「斜め上から」「常に背後から」「フリーカメラ」の3つがあった。

上の画像の角度にするとクラスによっては目の保養ができる。何がとは言わないがガッツリ見えた。スマホで見てもキャラ・衣装ともになかなかしっかり作られていると思った。ただ回避を使ったアクション性の高い動きはできない殴り合いバトルなので爽快感は少ない。

MMORPGだから次のおつかいクエストの場所まで数百メートルあることがほとんどなんだけどクエスト横の下向き矢印から少量のゴールドでテレポートできてすごく楽だった。オート戦闘でクエスト対象の敵・こちらを攻撃している敵だけを狙って攻撃してくれるのも良かった。

オート狩りをしながらそのままアプリを落とすと自動的に放置狩りモードになるのも良いと思った。ドロップ品は宝箱の形でまとまってバッグに入るから枠を圧迫しないのがうれしい。

気になったのが文字の小ささ。

老眼ではないから読めるけどかなり小さい。最初はフルボイスだったけど少しストーリーを進めたらたまーに相づちが入るくらいに減少してしまった。できるだけ早く進めるためにスキップする人が多いからなのかな。ちょっと残念。

迅速のエッセンス(ストーリーなどで貰える白い薬)についてもう少し詳しい説明が欲しかった。使用すると攻撃速度や移動速度が上がるんだけど10個くらい使ってやっと「一度に複数個使っても持続時間5分が上限」であることに気づいた。ソケットに入れて自動使用にするのが正しい使い方だったみたい。

めっちゃくやしい。

街への即時帰還ボタンも欲しい。ダンジョンで放置してて気づいたらポーション0&HP900切ってたから慌てふためきながら逃げ回って疲れた。

ガチャ確率はヤバかった。

課金してまわすようなガチャでさえ古代(最高レア)の確率は合計0.015%(30クラス各0.0005%)だった。

シャチホコペッGAMESの情報を動画や記事に使うときは以下のルールを守ってください。

動画の場合:動画の序盤でシャチホコペッGAMESを参考サイトとして紹介してください。

記事の場合:記事の序盤に『参考サイト:https://hokope.com/』と記載してください。